肉をやめたラッパー・Zeebraがサラダバーで絶対に入れないものは… 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

肉をやめたラッパー・Zeebraがサラダバーで絶対に入れないものは…

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra
Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。この日はクラブを借り切って、ニチレイの冷凍食品のWeb CM撮影(撮影/写真部・松永卓也)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。ヒップホップ専門ネットラジオ局「WREP」では生放送「LUNCHTIME BREAKS」(平日12~13時)のMCを、テレビ朝日「フリースタイルダンジョン」(毎週火曜日深夜1時29分~)ではオーガナイザー兼メインMCを務める。この日はクラブを借り切って、ニチレイの冷凍食品のWeb CM撮影(撮影/写真部・松永卓也)

レタス/明治時代に本格的に上陸。薬味のネギなどを除き、野菜を生食することの少なかった日本にサラダが広まった。ベータカロテンなど他ビタミン類のほか、カリウムなどのミネラル分も豊富。加熱して炒め物やスープに入れるとかさが減って甘みが増す。金属の包丁で切ると断面が褐色に変色しやすいので、手でちぎるのがおすすめ(撮影/写真部・松永卓也)

レタス/明治時代に本格的に上陸。薬味のネギなどを除き、野菜を生食することの少なかった日本にサラダが広まった。ベータカロテンなど他ビタミン類のほか、カリウムなどのミネラル分も豊富。加熱して炒め物やスープに入れるとかさが減って甘みが増す。金属の包丁で切ると断面が褐色に変色しやすいので、手でちぎるのがおすすめ(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の写真の続きはこちら】

*  *  *
 小学生のころテニスをやってたんです。その合宿のランチにサラダバーがあって。お皿に山盛り、野菜だけとってもりもり食べるのが楽しかったなぁ。テニスの合宿でサラダだけというのは、あのころプロのスポーツ選手が野菜中心の食事を提唱し始めてて、それをまねしたんだろうと思います。
 
 サラダバー。ちょっと深みのある皿がいいですよね。まず7~8割はレタス入れちゃいます。そこにトマト行きましょうか、2切れぐらい。オニオン行きます。海藻も行きましょう。ゆで卵、アボカドはほしいな。あればケールも。あったら絶対に入れるのがひまわりの種です。ひよこ豆もいい。

 逆にコーン、ブロッコリー、豆腐、エビあたりは入れません。やっぱり、レタスはドレッシングと絡むのが最大の魅力ですから。レタスに合うブルーチーズとかランチドレッシングをかけて、その組み合わせを最大限に楽しみたい。ゴマとか青じそのドレッシングじゃないんです。普段は好きな水菜とか枝豆とかがあっても、ここは無視。サラダバーの皿の中に、和の要素はいらないんです。

AERA 2019年6月10日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい