このままではアジアは先進国のゴミ箱に…廃プラ処理の条約改正を日本が主導 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

このままではアジアは先進国のゴミ箱に…廃プラ処理の条約改正を日本が主導

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺豪AERA
汚れた廃プラスチックの輸出入規制を議論したバーゼル条約締約国会議。日本などが主導し、規制が採択された/10日、スイス・ジュネーブ(写真:環境省提供)

汚れた廃プラスチックの輸出入規制を議論したバーゼル条約締約国会議。日本などが主導し、規制が採択された/10日、スイス・ジュネーブ(写真:環境省提供)

廃プラスチックのリサイクルが盛んなベトナム・フンイエン省のミン・カイ村。大量の廃プラスチックが散乱したまま放置されていた/2011年1月(写真:小島道一さん提供)

廃プラスチックのリサイクルが盛んなベトナム・フンイエン省のミン・カイ村。大量の廃プラスチックが散乱したまま放置されていた/2011年1月(写真:小島道一さん提供)

小島道一(こじま・みちかず)/1965年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。カリフォルニア大学バークリー校で修士号取得。2018年3月、日本貿易振興機構からERIAに出向。著書に『リサイクルと世界経済』(中公新書)など(写真:本人提供)

小島道一(こじま・みちかず)/1965年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。カリフォルニア大学バークリー校で修士号取得。2018年3月、日本貿易振興機構からERIAに出向。著書に『リサイクルと世界経済』(中公新書)など(写真:本人提供)

「これでは、アジアは先進国のゴミ箱じゃないか」

 アジア経済研究所の研究員だった小島さんは、99年からアジアのリサイクルに関する本格的な研究を始めた。データだけではつかめない実情を把握するため、毎年10回前後、年間50~80日間、現地調査を繰り返した。

 農閑期の住民が廃棄物の分別、加工などを副業にしているベトナムの村では、廃プラスチック、古紙など種類別に集積地がつくられ、農業を辞めて本業にしている人もいた。日本ではコストが見合わずリサイクルできない廃棄物処理が、途上国では人件費が安いため容易に「産業」として成立する現実を目の当たりにした。一方で、鉛などの汚染物質が発生する実態にも触れ、対策が急務だと感じた。

 アジア諸国の環境汚染問題には日本も深く関わっている。日本では古紙やペットボトルなどの分別収集が進み、国内のリサイクル産業が活性化しているイメージがあるが、回収された使用済み製品は国内で再生利用されるだけではなく、海外にも輸出されている。

「2018年の輸出額は鉄スクラップが年間約3442億円、廃プラスチックが約434億円、古紙が約841億円に上りました」(小島さん)

(編集部・渡辺豪)

AERA 2019年5月27日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい