壁に囲まれた「バンクシーホテル」とメキシコ国境「トランプの壁」 その正反対の意図とは?

ドナルド・トランプ

2019/04/17 16:00

 2017年3月。分離壁が立ちはだかるパレスチナ自治区内のベツレヘムに、小さなホテルが開業した。経営者は、素顔も本名も不明で、ゲリラ的に出没する覆面アーティストとして知られるバンクシーだ。3階建てのホテルの外見は限りなく殺風景で、「ザ・ウォールド・オフ・ホテル(壁に囲まれたホテル)」と記された看板がなければ、ホテルには見えない。バンクシー自身が「眺めが世界最悪」と皮肉るホテルには10室もない。屋上にはイスラエル軍の許可がないと出られない。

あわせて読みたい

  • 「投石しても逮捕されるだけ」混迷極まるパレスチナの子どもたちの今

    「投石しても逮捕されるだけ」混迷極まるパレスチナの子どもたちの今

    AERA

    1/25

    話題のバンクシー どれだけ知ってる?

    話題のバンクシー どれだけ知ってる?

    AERA

    5/7

  • 写真家・小山幸佑が撮るイスラエルとパレスチナ。ステキな人との出会い

    写真家・小山幸佑が撮るイスラエルとパレスチナ。ステキな人との出会い

    dot.

    7/27

    「トランプの壁」に効果はあるのか? ベルリン、ローマ帝国…歴史が暗示する末路

    「トランプの壁」に効果はあるのか? ベルリン、ローマ帝国…歴史が暗示する末路

    AERA

    4/17

  • コロナ禍が生んだ、イスラエルとパレスチナのコラボ
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    コロナ禍が生んだ、イスラエルとパレスチナのコラボ

    dot.

    5/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す