なぜ? 三宅島唯一の小学校で「プログラミング教育」が成果を上げている理由

61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記

AERAwithKids

2019/04/10 16:00

 61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。今回は、三宅島にある唯一の小学校、「三宅小学校」でのプログラミング研修についてご紹介します。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す