なぜ? 三宅島唯一の小学校で「プログラミング教育」が成果を上げている理由 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ? 三宅島唯一の小学校で「プログラミング教育」が成果を上げている理由

連載「61歳の新入社員 元校長のプログラミング教育奮闘記」

このエントリーをはてなブックマークに追加
福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

福田晴一(ふくだ・はるかず)/昭和31(1956)年、東京都生まれ。みんなのコード学校教育支援部主任講師、元杉並区立天沼小学校校長。約40年の教員生活を経て、2018年4月NPO法人「みんなのコード」に入社。61歳で新入社員となる。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化に向け、指導教員を養成すべく、全国を東奔西走中

三宅小学校の先生と生徒が作った魚の模型

三宅小学校の先生と生徒が作った魚の模型

 61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。今回は、三宅島にある唯一の小学校、「三宅小学校」でのプログラミング研修についてご紹介します。

*  *  *
 2020年度の小学校プログラミング教育必修化に向けて、東京都教育委員会は、2018年から2年間、都内の75校をプログラング教育推進校と指定している。私が校長であった杉並区天沼小がプログラミング教育推進校となったのは、2017(平成29)年。そのときは都内でわずか7校だったのが、ここにきて一気に増えたわけだ。

 推進校になっても、学校の先生方だけで行うのは難しいので、企業や団体がさまざまな形で関わって支援している。弊社「みんなのコード」も現在8つの小学校とマッチングしており、平均して1校に対して1年に3回ぐらい訪問し、先生方にプログラミング教育導入の背景を説明したり、教材の紹介、実践授業の助言等にあたっている。

 今回は、私が担当する推進校の中から、三宅島の小学校の例を紹介したい。

 三宅島は、調布飛行場からプロペラ機で40分のフライトだ。

 チェックイン時に体重を申告し、搭乗者各々の体重から、飛行機全体のバランスを考え座席位置が搭乗直前に伝えられる。離陸し眼下に広がる東京のベッドタウンに見惚れること15分、飛行機はすでに江の島と富士山を横目に相模湾上に達する。陸地から洋上へ移ると風向きが変わるのか、急に揺れることがしばしばある。

 初めてのフライトは手にやや汗握りながら、相模湾上から大島を望み、10分ほどすると三宅島が現れ、大きく機体の向きを変えて着陸となる。

 今回訪問する三宅小学校は島で唯一の小学校。全校児童数が、100名に満たない全学年1クラスの小規模校だ。とはいえ、島しょ校という特異性もあり、ほぼ全児童がタブレットを使用し各教室には大型ディスプレーも配備されたICT環境の充実した学校である。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい