「票ハラ」、政治と距離置く女性有権者の意識…女性候補者に立ちはだかる壁

2019/04/09 08:00

 昨年5月に候補者男女均等法(日本版パリテ法)ができて初めての統一地方選挙が始まった。女性候補者への支援金を増やし、専用の相談窓口を設けるなど各政党は女性候補を増やそうと取り組んでいるが、その擁立状況は候補者男女半々には程遠い状況だ。

あわせて読みたい

  • 女性議員を追い詰める「票ハラ」被害が深刻化 その背景は?

    女性議員を追い詰める「票ハラ」被害が深刻化 その背景は?

    AERA

    2/6

    日本女性の政治代表、海外水準を「著しく逸脱するほど不公平」 小選挙区制がジェンダーバランスの壁に?

    日本女性の政治代表、海外水準を「著しく逸脱するほど不公平」 小選挙区制がジェンダーバランスの壁に?

    AERA

    10/14

  • 「お子さんは大丈夫?」 女性候補者への言葉は批判か、エールか?

    「お子さんは大丈夫?」 女性候補者への言葉は批判か、エールか?

    AERA

    4/9

    元モー娘。市井紗耶香さんの出馬表明に疑問の声も… 党の狙いは?

    元モー娘。市井紗耶香さんの出馬表明に疑問の声も… 党の狙いは?

    AERA

    7/3

  • 資金力を優先? 候補者から見えた希望の党「苦肉の策」

    資金力を優先? 候補者から見えた希望の党「苦肉の策」

    AERA

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す