歌って踊る「むぎ(猫)」人気上昇中 肉球と引き換えに地上へ舞い戻る (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

歌って踊る「むぎ(猫)」人気上昇中 肉球と引き換えに地上へ舞い戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊澤志保AERA#ねこ
ライブ中のむぎ(猫)。新しい体を飼い主のゆうさくちゃんが作り、天国から戻ってきた。レコーディングはゆうさくちゃんと共同で行うという(撮影/写真部・小山幸佑)

ライブ中のむぎ(猫)。新しい体を飼い主のゆうさくちゃんが作り、天国から戻ってきた。レコーディングはゆうさくちゃんと共同で行うという(撮影/写真部・小山幸佑)

天国に行く前のむぎ。雄猫としては小柄で、ゆうさくちゃんと一緒に約12年間を暮らした(写真:ゆうさくちゃん提供)

天国に行く前のむぎ。雄猫としては小柄で、ゆうさくちゃんと一緒に約12年間を暮らした(写真:ゆうさくちゃん提供)

 天国帰りの「むぎ(猫)」がいよいよメジャーデビューする。その名は「むぎ(猫)」。

【天国に行く前のむぎの写真はこちら】

 肉球のない手で木琴を巧みに操り、歌って踊る。大人から子どもまで、聴く人の心を掴む理由は、とにかく「エモい」からだという。

*  *  *
 メジャーデビュー前だというのに、インストアライブの会場は満席。立ち見客がひしめくなか、登場したのは「猫」だ。はちわれに鼻の横の黒ぶちがチャームポイントで、名前を「むぎ(猫)」、天国から帰ってきた猫だという。

 巧みに木琴を操り、歌って踊る。印象的なのは、楽曲の幅だ。子どもが口ずさみたくなる楽曲からパンクロック、レゲエ調まで、まるで猫が飛び跳ねるような楽しい歌が続く。木琴の音が猫の足音にも聞こえてくる。

 むぎ(猫)って何者なの?

 天国に行く前のむぎが野良猫の子として生まれたのは、1997年。乳離れしてすぐ、飼い主のゆうさくちゃんに引き取られた。当時、ゆうさくちゃんは音大の1年生。故郷の沖縄から上京し、ホームシックにかかっていたところだった。

 ゆうさくちゃんといつも一緒に過ごした。木琴を練習する横でくつろぎ、寝る時は一緒。木琴の上を走り、ティッシュを全部引っ張り出すいたずらもした。ゆうさくちゃんの大学卒業後は、一緒に沖縄に帰り、その実家で暮らした。家族に愛され、楽しい時間が終わって、天国に行ったのは「12歳のとき」。

 ゆうさくちゃんは大いに寂しがり、落ち込んだという。5年前、ゆうさくちゃんが新しい体をつくってくれ、「肉球と引き換えに」地上に戻ってきた。

 新しい体の使い心地は?

「目も悪くなって、髭のレーダーもない。だけど歌って踊れて楽しい。最近、ピアノが弾けることもわかったんだ」<むぎ(猫)>

 むぎ(猫)の音楽の原点は、1度目の“ニャン生”での経験だ。楽しかったことや思い出のなかに、胸を掴む何かがある。

<僕は一度死にました それは寒い日でした 君の声を聞きました 君の腕の中で むぎ寂しくなるよ>(「天国帰り」)


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい