中学受験直前に取り組むべき勉強法って? プロがアドバイス (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中学受験直前に取り組むべき勉強法って? プロがアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加
深澤友紀AERA#受験
学問の神様で知られる東京都文京区の湯島神社には毎年、合格祈願の絵馬が多数結び付けられている (c)朝日新聞社

学問の神様で知られる東京都文京区の湯島神社には毎年、合格祈願の絵馬が多数結び付けられている (c)朝日新聞社

学力に関するアドバイス(AERA 2019年1月21日号より)

学力に関するアドバイス(AERA 2019年1月21日号より)

 中学受験カウンセラーで『中学受験 6年生の親がすべきこと』など多数の著書がある安浪京子さんもこう助言する。

「子どもは最後の最後まで伸びる。直前は難しい大問をやるより、知識系の問題をやったほうがいい」

 たとえ、忘れていたり間違えたりしてしまっても、親は子どもを責めるのではなく、「見直してよかった」と思わせることが大切だという。

「直前の時期は、弱点や不安を見つけるための勉強はしないことがポイントです。最後の2カ月は自信が最も点数を押し上げてくれる時期。手応えを感じられる問題を中心に勉強してください」(安浪さん)

 また、特に中学受験に臨む親は、勉強に全く関知しないか、過干渉かの、両極端に分かれることが多いという。

「塾や家庭教師に任せていればOKと思っている家庭、逆に、受験が完全に親主導になってしまっている家庭も珍しくありません。受験前の3日間だけでも、親子がきちんと向き合い、一丸となって頑張る経験が、子どものこれからの人生で重要になります」(同)

(編集部・深澤友紀)

AERA 2019年1月21日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい