2019年の星野源は「ちょうどいい感じのまな板に出合いたい」?

2019/01/07 11:30

「AERA 2018年12月31日-2019年1月7日合併号」の表紙に登場した星野源。3年ぶりとなるニューアルバム「POP VIRUS」には、時に切なく、時に深遠なラブソングが多数収録されている。なぜ今、星野源は愛を歌わなければならなかったのか?

あわせて読みたい

  • 藤井フミヤ独白「木梨憲ちゃんのフェスに出たら歌手は僕だけ。綾小路翔君を捕まえた」

    藤井フミヤ独白「木梨憲ちゃんのフェスに出たら歌手は僕だけ。綾小路翔君を捕まえた」

    週刊朝日

    4/10

    ジェジュン 引退を思い直したのは「日本で仕事ができるようになったから」

    ジェジュン 引退を思い直したのは「日本で仕事ができるようになったから」

    週刊朝日

    10/1

  • パク・ポゴムに“理想の恋人”“リフレッシュ法”…といろいろ聞いてみた!

    パク・ポゴムに“理想の恋人”“リフレッシュ法”…といろいろ聞いてみた!

    週刊朝日

    4/2

    「ユーの好きなように」堂本光一が託された舞台『SHOCK』の真実

    「ユーの好きなように」堂本光一が託された舞台『SHOCK』の真実

    週刊朝日

    4/9

  • 田中圭「自分の好感度の高さにイライラしてきたりもして(笑)」

    田中圭「自分の好感度の高さにイライラしてきたりもして(笑)」

    週刊朝日

    11/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す