トランプ大統領、“屈辱の演説”の意趣返し? パリの混乱に皮肉

ドナルド・トランプ

2019/01/03 17:00

 日本でも報道されている、フランスのパリでの激しいデモ。これに関して米国のトランプ大統領が度々コメントしている。マクロン政権を皮肉ったようなその言葉には、ある演説への反発が見え隠れする。

あわせて読みたい

  • 「マクロンはやっぱり金持ちの味方」フランスの怒りのデモは止まらない

    「マクロンはやっぱり金持ちの味方」フランスの怒りのデモは止まらない

    AERA

    12/15

    室井佑月「マクロンは謝罪した」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「マクロンは謝罪した」

    週刊朝日

    12/27

  • 東浩紀、仏の反マクロン政権デモ「起こるべくして起こったとも」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀、仏の反マクロン政権デモ「起こるべくして起こったとも」

    AERA

    12/13

    第3次世界大戦は止められるのか G20首脳会議が残した不安

    第3次世界大戦は止められるのか G20首脳会議が残した不安

    AERA

    12/3

  • 田原総一朗「IS生んだ米国の自賛する『世界の安全化』に違和感」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「IS生んだ米国の自賛する『世界の安全化』に違和感」

    週刊朝日

    11/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す