森保ジャパンの「イケメンビッグ3」、カトリーヌあやこが斬る! (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

森保ジャパンの「イケメンビッグ3」、カトリーヌあやこが斬る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこAERA

"中島翔哉(左)。俳優の竹内涼真は、東京ヴェルディユース時代のチームメイト/堂安律(中央)。「マラドーアン」なんて呼ばれたことも。マラドーアン、「ドー」しかかぶってないよ、マラドーアン/南野拓実(右)。Jリーグ公式チャンネルで、パンツの色まで聞かれていたが、「基本派手」らしい (c)朝日新聞社 "

イラスト:カトリーヌあやこ

イラスト:カトリーヌあやこ

 ポンテをそこまで熱くさせる男・中島。彼自身もまた熱い。

「世界ナンバー1プレーヤーになりたい。メッシを超えること、バロンドール獲得も通過点にすぎない」

 今、ルミ子がそこでぶっ倒れました。メッシ超えるなんて許さないって。

 かつて本田圭佑もビッグマウスだと揶揄されたりもしたけれど、敢えての強気発言。それを発する強心臓こそが、海外で活躍する必須要素なのかも。

 新世代の日本代表は、Jリーグをパッと通り過ぎ、若くして海外で戦う選手が多い。

 オランダ1部リーグ・フローニンゲンに所属する堂安律もそう。16歳でJリーグデビューを果たし、19歳で海外へ移籍した。「ドーアンリツ」という名前の響きのせいかもしれないけど、何かいつも顔がのんき。「物おじしない」というフレーズをキャラクター化したら、こうなるんじゃないかってたたずまいの「ドーアンリツ」。

 W杯で大活躍した同世代のフランス代表エムバペに対して、「年俸12億くらい貰ってるらしい。いつか引きずり下ろしたい」と言う「ドーアンリツ」。

 いずれNHKの「プロフェッショナル」に出て、「あなたにとってプロフェッショナルとは?」と聞かれたら、「ケイスケ・ホンダ」と答えた本田のように、「ドーアンリツ」と答えてほしい。

 モンドセレクション以外のベテラン勢だって、キャラの宝庫だ。サンフレッチェ広島に所属する左サイドバック、ササショーこと佐々木翔。

 試合前に整列している時、ん? 外国人いる?って思わず二度見する面立ち。「やべっちFC」(テレビ朝日系)で披露した、りゅうちぇるのモノマネは最高。

 ロシア大会組も負けてない。ご存じ、乾貴士(スペイン1部リーグ・ベティス所属)。今年のW杯後はテレビに出まくって、芸人への対応力の高さを見せつけた。代表選手専用バスの中で、KinKi Kidsの「もう君以外愛せない」を熱唱するなど、持ちネタのタマ数も豊富。

 ヨメ・女優組の柴崎岳(スペイン1部リーグ・ヘタフェ)は、関ジャニ∞の大倉忠義似な安定のイケメン。ヨメは「逃げ恥」にも出ていた真野恵里菜だ。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい