子どもを“認知症キッズサポーター”に 認知症に新たな取り組み

シニア

2018/11/08 16:00

 認知症の患者数は2025年に700万人を超えるとみられる。かつて「恍惚の人」とされた価値観は変わった。当事者と家族、介護者それぞれの思いを大切に認知症と向き合うにはどうすれば? その橋渡し役をAIが担い、介護現場を劇的に変える日は、すぐそこまで来ている。

あわせて読みたい

  • 誰でもできる「ユマニチュード」 認知症の人に劇的変化

    誰でもできる「ユマニチュード」 認知症の人に劇的変化

    AERA

    8/9

    介護する側・される側の負担軽減「ユマニチュード」とは

    介護する側・される側の負担軽減「ユマニチュード」とは

    AERA

    10/30

  • 「ケアする側は優秀な『探偵』に」 英国の認知症ケア「PCC」とは

    「ケアする側は優秀な『探偵』に」 英国の認知症ケア「PCC」とは

    AERA

    11/10

    介護は根性では無理!? 今世界から注目を集めるフランス生まれの介護メソッドとは

    介護は根性では無理!? 今世界から注目を集めるフランス生まれの介護メソッドとは

    BOOKSTAND

    11/19

  • 認知症の母が涙し「殺してくれ」 息子が明かす壮絶介護を変えたケア

    認知症の母が涙し「殺してくれ」 息子が明かす壮絶介護を変えたケア

    AERA

    11/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す