ジム・カヴィーゼル、「愛は悪を制覇できる」というテーマに惹かれた新作を語る (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジム・カヴィーゼル、「愛は悪を制覇できる」というテーマに惹かれた新作を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
坂口さゆりAERA
Jim Caviezel/1968年9月、アメリカ・ワシントン州生まれ。91年、「マイ・プライベート・アイダホ」の端役で映画デビュー。「シン・レッド・ライン」(98年)、「オーロラの彼方へ」(2000年)ほか多くの映画に出演

Jim Caviezel/1968年9月、アメリカ・ワシントン州生まれ。91年、「マイ・プライベート・アイダホ」の端役で映画デビュー。「シン・レッド・ライン」(98年)、「オーロラの彼方へ」(2000年)ほか多くの映画に出演

「パウロ 愛と赦しの物」/「使徒の働き」の世界を映画化。「ルカやパウロのように愛を大切にして生きることが大事」とジム。監督・脚本はアンドリュー・ハイアット。11月3日から全国順次公開

「パウロ 愛と赦しの物」/「使徒の働き」の世界を映画化。「ルカやパウロのように愛を大切にして生きることが大事」とジム。監督・脚本はアンドリュー・ハイアット。11月3日から全国順次公開

「シン・レッド・ライン」/発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、価格1886円+税/DVD発売中

「シン・レッド・ライン」/発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、価格1886円+税/DVD発売中

 大きな代償を払っても自分の信じることを貫く──。キリスト教徒だけではない。映画は今を生きる私たちに大切なことを語っている。

◎「パウロ 愛と赦しの物語」
「使徒の働き」の世界を映画化。「ルカやパウロのように愛を大切にして生きることが大事」とジム。監督・脚本はアンドリュー・ハイアット。11月3日から全国順次公開。

■もう1本 おすすめDVD「シン・レッド・ライン」
 公開当時、テレンス・マリックが20年ぶりにメガホンをとったことで話題となった「シン・レッド・ライン」。1942年、ソロモン諸島ガダルカナル島で、アメリカ陸軍のC中隊が日本軍と死闘を繰り広げる。

 原作はジェイムズ・ジョーンズの同名小説。映画は数人のモノローグを多用し、戦場で戦う個人を鮮明にしながら、戦争の愚かさを浮き彫りにする。

 ほとんど無名に近かったジム・カヴィーゼルを本作で主要キャストの一人、ウィット二等兵に抜擢。原住民に魅せられたかのように、無許可で離隊を繰り返す“脱走兵”だった彼がやがて変貌していく。

 悲惨な現実の中に天国を見ようとするウィットと、死んでしまえば無になると信じている歴戦の戦士ウェルシュ曹長(ショーン・ペン)とのやりとりは興味深い。わかりやすい戦争映画とは一線を画し、根源的な人間の「生と死」を考えさせられる。死を前にしたカヴィーゼルの青い瞳が効いている。

◎「シン・レッド・ライン」
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
価格1886円+税/DVD発売中

(フリーランス記者・坂口さゆり)

AERA 2018年11月5日号


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい