没頭する本は年に3冊まで 起業したい人へ伝授する「スモール・スタート」の極意

読書

2018/10/15 11:30

 ビジネス書『スモール・スタート あえて小さく始めよう』は、「スモール・スタート」をテーマに、いくつもの「軸」を自分の中に持つ、次世代の働き方を提案する一冊だ。ビジネス、副業、キャリアプラン……「小さく」「素早く」「たくさん」動く人ほど、楽しめる時代がやってきたと、著者の水代優さんはいう。今回は水代さんに、同著に込めた思いを聞く。

あわせて読みたい

  • 松下幸之助との仕事はやりやすかった? 経営者の言葉の力

    松下幸之助との仕事はやりやすかった? 経営者の言葉の力

    AERA

    7/16

    厚切りジェイソンが日本のデジタル化の遅れにWhy?「労働者の立場が強すぎて成長しない」

    厚切りジェイソンが日本のデジタル化の遅れにWhy?「労働者の立場が強すぎて成長しない」

    週刊朝日

    10/13

  • 日本初の音楽DAO「FRIENDSHIP.DAO」始動

    日本初の音楽DAO「FRIENDSHIP.DAO」始動

    Billboard JAPAN

    1/21

    コロナ禍で話題のビジネス書にあった「当たり前すぎる」共通点とは?

    コロナ禍で話題のビジネス書にあった「当たり前すぎる」共通点とは?

    AERA

    3/4

  • いよいよ本格化するトークンエコノミー 主役となるNFTがもたらす「革命」とは?

    いよいよ本格化するトークンエコノミー 主役となるNFTがもたらす「革命」とは?

    dot.

    10/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す