どうして枝豆はつまみにいいのか? Zeebraが考える「お酒とつまみの『間』」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

どうして枝豆はつまみにいいのか? Zeebraが考える「お酒とつまみの『間』」

連載「多彩な野菜」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZeebraAERA#Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」で平日の12:00~13:00「LUNCHTIME BREAKS」のMCを生放送で務める(撮影/写真部・小原雄輝)

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。自身が主宰するヒップホップ専門ラジオ局「WREP」で平日の12:00~13:00「LUNCHTIME BREAKS」のMCを生放送で務める(撮影/写真部・小原雄輝)

枝豆/大豆が熟す前の未熟な状態が枝豆。“畑の肉”と呼ばれるほどたんぱく質が豊富。アミノ酸メチオニンはアルコールの分解を進め、肝臓への負担を軽くしてくれるといわれている。糖質をエネルギーに変え、新陳代謝を促すビタミンB1も豊富。鉄や葉酸、ビタミンCを含み、貧血予防にも(撮影/写真部・松永卓也)

枝豆/大豆が熟す前の未熟な状態が枝豆。“畑の肉”と呼ばれるほどたんぱく質が豊富。アミノ酸メチオニンはアルコールの分解を進め、肝臓への負担を軽くしてくれるといわれている。糖質をエネルギーに変え、新陳代謝を促すビタミンB1も豊富。鉄や葉酸、ビタミンCを含み、貧血予防にも(撮影/写真部・松永卓也)

 ヒップホップ・アクティビストのZeebraさんが「AERA」で連載する「多彩な野菜」をお届けします。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続け、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ているZeebraさん。旬の野菜を切り口に、友人や家族との交流、音楽作りなど様々なエピソードを語ります。

【この記事の関連写真はこちら】

*  *  *
 枝豆は子どものころから好きです。夏の夕方、食卓におかずが並ぶ前に母が「これでも食べて待ってなさい」って。さやが含んだ水気がちょっと青臭くてしょっぱくて。ああ夏の味だなあ、と脳裏に焼きついています。肉をやめてからはさらに好きです。体がたんぱく質を求めるという面もあるのだと思います。

 いまは妻がよく出してくれます。娘たちも好きなので、夕食前になんとなくテレビを見ながら、一緒に食べます。高校生と中学生にもなると一家団欒という機会もあまり多くないので、家族にとって貴重な時間ですね。

 大人にとって枝豆が酒のつまみにいいのは、食べるのにワンアクション必要だからなんじゃないかな。口元でぐっとさやを押す。どういうわけか反対側から出ちゃうこともある。直接口に放り込めるより、一つ二つ作業があったほうが、お酒との「間」が生まれるような気がします。茹でたてに塩を振る、塩加減で悩むのも楽しい。あらかじめむいたやつも食べますが、人間ってどれだけ楽をしたいんだろうって思ってしまいます。

AERA 2018年9月3日号


トップにもどる AERA記事一覧

Zeebra

Zeebra(ジブラ)/東京を代表するヒップホップ・アクティビスト。1997年のソロデビューからトップとしてシーンを牽引し続ける行動力は他に類を見ない存在で、ジャンルや世代を超えて多くの支持を得ている。

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい