「ムダにいい身体」の田中圭、雑誌撮影で「あんなに脱ぐとは…」とドキリ 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ムダにいい身体」の田中圭、雑誌撮影で「あんなに脱ぐとは…」とドキリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
市岡ひかりAERA

 座長を務めたドラマ「おっさんずラブ」が話題を呼び、大きな注目を浴びている俳優の田中圭さん。今季の新ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」ではシビアな上司役を演じる。

【「おっさんずラブ」の場面写真はこちら】

*  *  *
──セクシーさも話題です。自分自身ではどう思いますか?

田中:へーって思います(笑)。色気があると思ってもらえるのはありがたいなと。でも、出そうとして出しているわけではないので、色気があると言ってくれる方に「どこがですか?」と聞きたいくらい。いつなくなるのかもわからないから、それに関してはビクビクしています(笑)。

 身体は、筋肉が落ちてきたら筋トレしようとか、つきすぎたら落とそうとかはできるんですが、実際そんなに筋肉、いらないので(笑)。できることなら重いものも持ちたくないし、走りたくもない。ただ、そういう役が来たときに、2週間あればどうにかできる身体を常に維持しておこうとは思っています。

 先日、雑誌で特集を組んでくれて「ムダにいい身体」と言ってもらえたんですが、あんなに脱ぐとは思ってなくて、自分的にはすごく恥ずかしい。「もっと前に言ってくれれば、本当に“ムダにいい身体”にしておくのに!」って。嫁にその雑誌を見せたんですが、嫁も「やっちゃったね」と……。でも世間的にはそうなってないから「これで“いい身体”なら、ちょっとラクだな」と思っちゃいました。

──今度は本物の「ムダにいい身体」をぜひAERAで!

田中:2週間前までに言ってもらえれば(笑)。

──1年前にオファーします。

田中:それなら大丈夫です。その時はもう、すごいことにしておきます。

──今後の目標は?

田中:今回のドラマに関しては、まずは現場になじみたい(笑)。早くみんなと笑って夏を過ごしたいなって思います。

 あとは、ワクワクする現場になるべくいたい。楽しいワクワクでも緊張するワクワクでもいいんですが、面白いと思えるお芝居と関わっていければ、自ずと何か見えてくるんじゃないかと思います。自分がどんな役を演じたいかより、共演者やスタッフ含め「しびれんなー」って人たちと仕事していくのが理想ですね。

(ライター・市岡ひかり)

AERA 2018年8月6日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい