アメリカの大学、学費は“家一軒分” 一方で海外大学ならではの魅力も

大学入試

2018/07/13 07:00

「内向き」と言われて久しい日本の若者。大学入試改革でその姿が変わるかもしれない。独自のノウハウで多くの海外大学合格者を出す私立中高一貫校に注目が集まりつつある。

あわせて読みたい

  • 入学時は90%以上“普通の子” 地方の高校から海外大に受かるワケ

    入学時は90%以上“普通の子” 地方の高校から海外大に受かるワケ

    週刊朝日

    4/11

    生徒が各国大使になりきる“模擬国連” 海外大学に強い高校の取り組み

    生徒が各国大使になりきる“模擬国連” 海外大学に強い高校の取り組み

    AERA

    7/14

  • 茨城の公立高校からハーバード大に合格した18歳が、日本の高校生に訴えたいこと

    茨城の公立高校からハーバード大に合格した18歳が、日本の高校生に訴えたいこと

    dot.

    6/4

    倍率1倍以下の高校も…都立中高一貫校、開設13年で見えた課題

    倍率1倍以下の高校も…都立中高一貫校、開設13年で見えた課題

    AERA

    7/14

  • 早慶MARCH付属校は志願者数アップ! 大学入試改革で、どうなる2019年中学入試

    早慶MARCH付属校は志願者数アップ! 大学入試改革で、どうなる2019年中学入試

    dot.

    5/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す