江川紹子が見つめ続けた「オウム真理教事件とは何だったのか」

オウム真理教

2018/07/06 14:35

 1995年3月の地下鉄サリン事件など計13事件で27人を死なせたとして有罪が確定した、オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら7人の元幹部の死刑が執行された。坂本堤弁護士一家事件(89年)を機にオウム真理教問題に取り組み、取材を続けてきたジャーナリストの江川紹子さんは執行について6日、「平成の大事件なので平成のうちに大きな区切りをつけておきたかったのだと思う。皇室関係の行事もあり、自民党の総裁選などの政治的イベントからできるだけ時間をおきたいというこもあったのでは」と話した。江川さんが、今年3月、オウム裁判の終結を受けてAERA(3月26日号)に「オウム 初期に事件性を認識、何が捜査を止めたか オウム裁判が終結」として寄せた記事を再掲する。

あわせて読みたい

  • オウム裁判終結、事件から何を教訓とすべきか、江川紹子が振り返る

    オウム裁判終結、事件から何を教訓とすべきか、江川紹子が振り返る

    AERA

    3/23

    14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?

    14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?

    週刊朝日

    7/26

  • 麻原死刑囚の元弁護士が語った疑問 元信者「死刑のニュース速報で震えが来た」 埋葬先が聖地化? 

    麻原死刑囚の元弁護士が語った疑問 元信者「死刑のニュース速報で震えが来た」 埋葬先が聖地化? 

    週刊朝日

    7/6

    オウム元死刑囚に「信念を貫く意志」遺族が見た裁判の一部始終

    オウム元死刑囚に「信念を貫く意志」遺族が見た裁判の一部始終

    AERA

    3/20

  • 元警視庁捜査一課理事官が明かすオウム秘話「愛人知らなかった麻原妻と土谷死刑囚が落ちた瞬間」

    元警視庁捜査一課理事官が明かすオウム秘話「愛人知らなかった麻原妻と土谷死刑囚が落ちた瞬間」

    週刊朝日

    7/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す