東京都心で広がる「アウトドアオフィス」 野外で仕事をする効果とは? (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京都心で広がる「アウトドアオフィス」 野外で仕事をする効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口穣AERA#働き方
「品川アウトドアオフィス」と名付けられたイベント。広々とした芝生広場に3種類の席が用意された(撮影/伊ケ崎忍)

「品川アウトドアオフィス」と名付けられたイベント。広々とした芝生広場に3種類の席が用意された(撮影/伊ケ崎忍)

 それでも取り組みが各地に広がっているのは、屋外に飛び出すという手法が、目に見える「働き方改革」につながっているからだ。特にオフィスビルを運営する会社にとっては、入居企業に新しい働き方をアピールし、ビルの人気を高める効果が期待できる。

 NTT都市開発品川シーズンテラス総合管理事務所担当課長の内山武士さんは、「アウトドアオフィスでビルにいる人々が快適に働けるようになれば、ビルの価値も上がるはず。シーズンテラス以外のビルでも企画したい」と話す。

 スノーピークビジネスソリューションズの村瀬さんは語る。

「アウトドアオフィスは短期的に生産性が上がったり、効率よく作業ができたりする場ではありません。5年後、10年後を“想像”し、新しいものを“創造”するために発想を転換する。そのきっかけになる場所なのです」

(編集部・川口穣)

AERA 2018年6月11日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい