屋外でテントを貼り会議も 東京で「アウトドアオフィス」が人気 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

屋外でテントを貼り会議も 東京で「アウトドアオフィス」が人気

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口穣AERA#働き方

車座になって円卓を囲む。利用者によると、普段の会議室よりも目線が合いやすいという。資料が風にあおられるといったプチトラブルも楽しい(撮影/伊ケ崎忍)

車座になって円卓を囲む。利用者によると、普段の会議室よりも目線が合いやすいという。資料が風にあおられるといったプチトラブルも楽しい(撮影/伊ケ崎忍)

 8人で会議をしていた人たちも「アウトドア効果」を実感していた。

「普段なかなか出ないような率直な意見が多く出た」

「心の枠が外れた感じで、いつもと違った思考ができた気がする」

 アウトドアオフィスは都心部を中心に徐々に広まりつつある。品川では2016年、17年の秋に続いて3回目。今年の9月にも予定している。

 渋谷駅近くの複合ビル「渋谷キャスト」では東京急行電鉄が6月から、広場に大型のテントを設置し、期間を定めずにオフィスとして使えるようにする「キャンピングオフィス」というサービスを始める。まずは関係企業に貸し出し、8月から一般の人も使える予定だ。

 東急電鉄によると、期間限定ではないアウトドアオフィスは全国で初めてという。東急は沿線の多摩川沿いでも、同様のサービスを始めることを検討している。

 三菱地所も5月25~26日、高級ブランド店が立ち並ぶ東京・丸の内仲通りにアウトドアオフィスを設置した。5月にオープンしたばかりのカフェからドリンクやスイーツをテイクアウトして、仕事をしながら楽しめるのが売りだ。(編集部・川口穣)

AERA 2018年6月11日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい