精力剤を食卓に出す…はNG? 夫婦間の“レス”予防・改善の10の掟 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

精力剤を食卓に出す…はNG? 夫婦間の“レス”予防・改善の10の掟

このエントリーをはてなブックマークに追加
ささいな掟を守るだけで男女の幸せが続くなら、試してみては…(※写真はイメージ)

ささいな掟を守るだけで男女の幸せが続くなら、試してみては…(※写真はイメージ)

セックスレス予防・改善の掟10(AERA 2018年5月28日号より)

セックスレス予防・改善の掟10(AERA 2018年5月28日号より)

 子どもが生まれた後、パパ・ママと呼び合うのは、脳内が本当の親と錯覚するようになるのでNG(5)。人間は本来、肉親との性行為に嫌悪感を覚えるようにできているのだ。出産後は、子どもより夫(妻)を優先する姿勢を見せる(6)。子育ては夫婦でやる(7)。二人で過ごす時間を作る(8)。そして特にオススメなのが、「異性としてこまめにほめることです(9)。新しいスーツを着ていたら、『うわ~こうして見るといい男(女)~』など、さりげなく言ってあげる。何かいいところを見つけたら、言葉に出して伝えること。お互いの異性としてのほめ合いが会話に積み重なることで、性生活も安定します」。

 最後に、つまらない愚痴でもバカにせず、聞いてあげること(10)。自分を100%受け入れてくれる相手に心をゆだねるのは、当然といえば当然か。

「月並みに聞こえますが、やはりお互いがお互いに合わせてあげることが、日常生活も性生活も良好に保つ秘訣なんです。こんなささいな掟を守るだけで男女の幸せが続くなら、試しにやってみてもよいのでは」

AERA 2018年5月28日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい