進まぬ東京のビル耐震化、土地や建物の複雑な権利関係も問題?

2018/05/02 07:00

 3月29日、東京都が公表した「耐震診断結果」が大きな波紋を広げている。1981年5月以前の「旧耐震基準」で建てられた建築物の約3割が、震度6強以上で倒壊や崩壊の危険性が「高い」「ある」と診断されたのだ。

あわせて読みたい

  • 東京都発表「耐震診断結果」の大きな波紋 過去には施設名公表で閉店も

    東京都発表「耐震診断結果」の大きな波紋 過去には施設名公表で閉店も

    AERA

    5/2

    プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

    プロの選択 防災の専門家が住む家に学ぶ

    AERA

    3/9

  • 首都直下地震 “最悪のケース”は大田区付近が震源 耐震化100%で死者6割減の現実味

    首都直下地震 “最悪のケース”は大田区付近が震源 耐震化100%で死者6割減の現実味

    AERA

    6/18

    震度6強以上で「危険」が都内に154棟 渋谷109やロアビルも…

    震度6強以上で「危険」が都内に154棟 渋谷109やロアビルも…

    週刊朝日

    5/22

  • 都市部の「危ない橋」 震災で台場が孤立の可能性も

    都市部の「危ない橋」 震災で台場が孤立の可能性も

    AERA

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す