安河内哲也×南風原朝和が熱血対談「英語4技能テストは本当に必要か」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安河内哲也×南風原朝和が熱血対談「英語4技能テストは本当に必要か」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#教育
文部科学省「英語教育の在り方に関する有識者会議」委員を務めた安河内哲也さん(やすこうち・てつや、右):東進ハイスクール等の講師として、英語指導歴は20年以上。教育委員会等を通じて教員研修も行う/東京大学高大接続研究開発センター長 南風原朝和さん(はえばら・ともかず、左):東京大学理事・副学長などを経て現職。日本テスト学会副理事長。専門は心理統計学(撮影/横関一浩)

文部科学省「英語教育の在り方に関する有識者会議」委員を務めた安河内哲也さん(やすこうち・てつや、右):東進ハイスクール等の講師として、英語指導歴は20年以上。教育委員会等を通じて教員研修も行う/東京大学高大接続研究開発センター長 南風原朝和さん(はえばら・ともかず、左):東京大学理事・副学長などを経て現職。日本テスト学会副理事長。専門は心理統計学(撮影/横関一浩)

TEAPのSpeakingテスト(上)とTOEIC Speaking&Writing Tests(下)。「話す力」が求められる場面は増えている(写真:日本英語検定協会提供[上]/国際ビジネスコミュニケーション協会提供[下])

TEAPのSpeakingテスト(上)とTOEIC Speaking&Writing Tests(下)。「話す力」が求められる場面は増えている(写真:日本英語検定協会提供[上]/国際ビジネスコミュニケーション協会提供[下])

南風原:現場の先生の期待とおっしゃるが、高校の英語教育が民間試験対策になって歪められてしまうという、高校の先生方の不安の声も大きい。また、CEFRの目盛りを細かくしても比較の問題はなお残ります。例えばTOEFLiBTとCEFRの対応表を見ると、08年ではCEFRのB2はTOEFL87点以上だったのに、14年には72点以上と大幅に下がった。こうした曖昧で不安定な基準を共通テストに使うのは問題がある。

安河内:確かにマークシートのテストと違ってスピーキング、ライティングテストは、完璧な公平性は確保できない。でも公平性だけ見るのでなく、その試験がどんな影響力を持つのかも考えてほしい。公平性を求めるあまり、2技能のままの現在の試験がどういう影響を今の英語教育の場に与えているか。バラ色の解決策がないのであれば、どこかでトレードオフしなければ。

南風原:高校3年の4~12月の間の2回までの試験結果を活用するというが、受験者数は単に50万人×2ではない。高2までにも受けるだろうから、膨大な規模になると予想され、そのことから採点者の質、セキュリティーが低下する。文科省は受験料を下げるように言っていますが、コストをかけずにこれをやろうとしたらますます質が下がる。経済的・地域的な格差もあるし、英語だけ不統一で制度設計として非常にいびつです。多くの課題が解決しないなら、20年度という期限にこだわる必要はありません。(構成/編集部・高橋有紀)

AERA 2018年3月5日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい