増加する「非正規公務員」が女性の活躍の場を奪う理由 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

増加する「非正規公務員」が女性の活躍の場を奪う理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺豪AERA#働き方

公務員の女性比率これだけ低い(AERA 2018年2月26日号より)

公務員の女性比率これだけ低い(AERA 2018年2月26日号より)

 総務省の調査では、地方公共団体の2017年の総職員数(フルタイムの非正規公務員などを含む)は約274万人。94年から約54万人減少している。

 一方、同省の「地方公務員の臨時・非常勤職員に関する実態調査」によると、16年の非正規公務員は約64万3千人。05~16年で約18万7千人も増加した。

 正規から非正規への「置き換え」が進む最大の理由は非正規職員の賃金の低さだ。上林氏が16年の総務省調査の結果をもとに、臨時・非常勤職員がフルタイムで勤務した場合の年収を算出したところ、一般事務職員では、特別職非常勤が207万円、一般職非常勤が176万円、臨時職員が162万円。663万円程度の正規公務員と比較すると、3分の1~4分の1だ。

 背景には、「小さな政府」を志向する機運の高まりと、自治体の財政逼迫がある。ただ、民間企業の「内部留保」のような現象も起きている。総務省の調査によると、16年度末の地方公共団体の基金総額は21兆5461億円にのぼり、過去10年間で58%増。このうち自治体の「貯金」ともいえる「財政調整基金」は85%の大幅増だった。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい