「医師ががんになったら」衝撃の本音 どんな治療法を選択するの?

がん

2018/02/07 11:30

 がんは進行具合によって1~4期に分類される。自分が最も進行している4期のがんになったら、現役医師たちはどんな治療法を選択するのか。20代から60代までのがんの診療経験のある現役医師553人にアンケートで聞いた。

あわせて読みたい

  • 「緩和ケアって末期がんの治療なの?」 医師が指摘する患者が誤解しやすいがん用語

    「緩和ケアって末期がんの治療なの?」 医師が指摘する患者が誤解しやすいがん用語

    週刊朝日

    8/9

    「緩和ケア=がん治療の終わり」ではないと現場医師たちが語る理由

    「緩和ケア=がん治療の終わり」ではないと現場医師たちが語る理由

    dot.

    3/23

  • 医師に「有効な治療法はない」と言われた… 誤解してほしくないその言葉の真意とは?

    医師に「有効な治療法はない」と言われた… 誤解してほしくないその言葉の真意とは?

    週刊朝日

    8/10

    「がん」と診断される前にすべきこと 父をすい臓がんで亡くした現役医師が語る

    「がん」と診断される前にすべきこと 父をすい臓がんで亡くした現役医師が語る

    dot.

    3/6

  • 【膵がん手術】「切除不能」でも、化学療法で「可能」になるケースが増加中

    【膵がん手術】「切除不能」でも、化学療法で「可能」になるケースが増加中

    dot.

    4/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す