竹内智香「父が届けてくれた、スノーボードとの運命の出合い」

連載「黄金色へのシュプール」

竹内智香AERA#竹内智香
4歳の時、父親とやってきたスキー場での1コマ(写真:本人提供)
拡大写真

4歳の時、父親とやってきたスキー場で...

 ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得したスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタート。2018年2月の平昌五輪では念願の金メダル獲得を目指す竹内選手の今の様子や思いをお伝えします。

【写真】4歳の頃の竹内選手 スキー場でのかわいい1コマはこちら

*  *  *
 みなさん、あけましておめでとうございます。2018年、今年は私にとっては大切な年です。言うまでもなく、2月には平昌五輪が控えています。今大会で5度目の五輪出場となりますが、本番を間近にした今、私の心はすごく落ち着いています。

 よく周りの人からも徐々に緊張感が高まってくるのでは?と聞かれますが、不思議と自然体で冷静にいられるのです。ここから短期間で急激に滑りの技術が伸びるわけでもなければ、実力が急上昇するわけでもない。あとはこれまでやってきたことを信じて、普段通り過ごすのみ。そんな感情に近いです。

 年が明けて、1月1日夜の便でヨーロッパに発ちましたが、年末と元日は故郷の北海道に滞在しました。適度なトレーニングはもちろん行いながら、さらに五輪直前の調整合宿に使用するスキー場の候補地も視察。地元でも充実した日々を過ごすことができました。

 旭川に帰ると、家族に囲まれ自然と昔のことを思い出します。両親は私が幼い頃から共働きで忙しく、私は友達の家で夜ご飯を食べてそのまま寝てしまうことも。夜遅くに親が寝ている私を迎えに来て、朝起きたら自分の布団にいる。そんな生活があったことを覚えています。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック