“迷将”ハリルに光明? GK・中村航輔は新「守護神」になれるのか 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“迷将”ハリルに光明? GK・中村航輔は新「守護神」になれるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗原正夫AERA

中村航輔(22) 柏レイソル/1995年東京都生まれ。中学時代から各世代の年代別日本代表に選出され、2017年5月にA代表に初招集された (c)朝日新聞社

中村航輔(22) 柏レイソル/1995年東京都生まれ。中学時代から各世代の年代別日本代表に選出され、2017年5月にA代表に初招集された (c)朝日新聞社

 2018年6月に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に、日本代表の評判が芳しくない。ハリルホジッチ監督は“迷将”と揶揄され、6大会連続の本大会出場は決まったが、停滞感は著しい。

 こんなとき、待たれるのは新戦力の台頭だ。海外組を招集できず国内組で臨んだ17年12月の東アジアE-1選手権。最終戦で韓国に惨敗するなど散々な結果となったが、3試合のうち2試合に先発したゴールキーパー(GK)の中村航輔(なかむら・こうすけ/柏レイソル)は、数少ない光明となった。

 韓国戦こそ存在感を示せなかったが、代表初出場・初先発となった初戦の北朝鮮戦では好守を連発し、1-0の勝利に貢献。目を引いたのはプレー以上に、その堂々としたたたずまいである。

「緊張はまったくなかった。いつも通りプレーできた」

 試合後に落ち着き払って淡々と話す姿も、冷静さが求められるGK向きだと感じさせた。

 日本代表が自国開催以外の大会で初めてグループリーグを突破した10年W杯南アフリカ大会では、直前に大胆なメンバーの変更が行われ、正GKが楢崎正剛(名古屋グランパス)から川島永嗣(現メス/フランス)に代わったことが吉と出た。川島は現在も正GKだが、来年は35歳。ライバルは他にもいるが、多くは30歳を超えたベテランだ。

 GKは経験も重視されるだけに、若さはウィークポイントになりかねないが、中村は若さ特有の勢いと同時に、若さに似合わない安心感を漂わせる。

 趣味の将棋がここに来て大ブーム。「頭を使ったり、相手を読むのが好き」だという中村こそ、W杯ロシア大会に向けた代表活性化の切り札かもしれない。(スポーツジャーナリスト・栗原正夫)

AERA 2018年1月1-8日合併号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい