「ダークサイド」に落ちかけた過去も? 尾上松也がスター・ウォーズから受けた影響 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ダークサイド」に落ちかけた過去も? 尾上松也がスター・ウォーズから受けた影響

このエントリーをはてなブックマークに追加

歌舞伎俳優 尾上松也さん(おのえ・まつや、32)/1990年、二代目尾上松也の名前で初舞台。ミュージカルやドラマなどでも活躍。2018年1月2~26日「新春浅草歌舞伎」(浅草公会堂)に出演(撮影/植田真紗美)

歌舞伎俳優 尾上松也さん(おのえ・まつや、32)/1990年、二代目尾上松也の名前で初舞台。ミュージカルやドラマなどでも活躍。2018年1月2~26日「新春浅草歌舞伎」(浅草公会堂)に出演(撮影/植田真紗美)

 人気SF映画「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカスは、制作にあたって黒澤映画をはじめ日本文化に影響を受けたという。だが、日本にインスパイアされた印象派の画家たちが近代日本画に大きな影響を与えたのと同様に、日本の伝統文化の担い手にも刺激をもたらしている。

 トレーナーからスニーカーまで、全身「スター・ウォーズ」グッズで撮影現場に現れた尾上松也さん(32)。2017年は大河ドラマに出演、映画で声優も務めるなどの活躍をみせた。実は、歌舞伎界きっての「スター・ウォーズ」通。手にしているライトセーバーも自宅から持参したものだ。松也さんは言う。

「子どものころは、ライトセーバーのカッコよさに惹かれました。ですが大人になってからは、その内容に惹かれるようになって……」

 アクションのカッコよさだけでなく、そこに秘められた哲学も語り合いたいので、映画館にはごく限られた“通な”友人としか見に行かない、という本気ぶりだ。「歌舞伎を演じること」と「ジェダイの力であるフォースを操ること」には、不思議な類似点があるという。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい