「看取り士」になった娘が見つめた母の最期 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「看取り士」になった娘が見つめた母の最期

このエントリーをはてなブックマークに追加
荒川龍AERA#介護を考える
一般社団法人「くーのす」代表 高原ふさ子さん(58)/他界する3日前、自宅で母親の啓子さんを介護する高原さん。介護中に退職し、前職の経験を生かして介護用品の企画デザインを行う(写真:高原ふさ子さん提供)

一般社団法人「くーのす」代表 高原ふさ子さん(58)/他界する3日前、自宅で母親の啓子さんを介護する高原さん。介護中に退職し、前職の経験を生かして介護用品の企画デザインを行う(写真:高原ふさ子さん提供)

高原由津莉さん(23)/母親のふさ子さん(右)と、自宅介護の末に看取った祖母の故・啓子さんの遺影とともに撮影。看取りの翌日、祖母の遺影持参で、「おばあちゃんお疲れ会」と称して、親子で箱根に温泉旅行に出かけたという(撮影/鈴木芳果)

高原由津莉さん(23)/母親のふさ子さん(右)と、自宅介護の末に看取った祖母の故・啓子さんの遺影とともに撮影。看取りの翌日、祖母の遺影持参で、「おばあちゃんお疲れ会」と称して、親子で箱根に温泉旅行に出かけたという(撮影/鈴木芳果)

柴田久美子さん(65) 一般社団法人「日本看取り士会」会長/2009年4月、島根県松江市で看取り前の女性宅を訪問時に撮影。自宅で看取る文化を再興するために、全国各地で看取り士の養成に注力中で、301人の看取り士がいる(17年10月末時点)

柴田久美子さん(65) 一般社団法人「日本看取り士会」会長/2009年4月、島根県松江市で看取り前の女性宅を訪問時に撮影。自宅で看取る文化を再興するために、全国各地で看取り士の養成に注力中で、301人の看取り士がいる(17年10月末時点)

医療機関における死亡割合の推移(AERA 2017年11月20日号より)

医療機関における死亡割合の推移(AERA 2017年11月20日号より)

「母におんぶされると、娘は当時好きだった童謡の『おもいでのアルバム』を口ずさんでいました。『いつのことだか 思い出してごらん』と彼女が歌うと、母が『あんなこと こんなこと あったでしょう』って応じて、2人で出かけていくんですよ」

 その祖母が介護中につらそうな表情を見せて当惑したこともあった、と由津莉さんは話す。

「顔を真っ赤にしながら耐えている祖母を見ながら、『こんなに苦しいんだったら、もう亡くなったほうが楽なんじゃないかな』と思えて、それが悲しくて途方に暮れたこともありました」

 彼女は母が祖母を見る表情に見覚えがあるとふと気づいた。

「まだ小さい頃、母が私を見ていた愛情あふれる表情を今も鮮明に覚えているんです。あのときの表情を、母が介護中の祖母に向けていることにある日気づいたんです。母はやっぱり愛にあふれた女性だなって思いました。そしてしゃべれない祖母もその生き様を通して、人は子どもから大人になり、年老いて再び子どもにかえっていくことを、私に伝えてくれている気がしました。家庭ってそんなことを学び、受け入れていく場所でもあるんだって」

 一方、娘の話を聞きながら高原さんは目を赤く潤ませた。

「私も、話せなくても時々指で触ってくる母をかわいい子どものように感じていました。でも、まさか娘が、私が母を見る表情からそんなことを読み取っていたとは知りませんでした」

 エネルギーの強弱にかかわらず、親子3代で互いに発し、交歓し、共有する家庭の日常がそこにある。かつて出産も看取りもその一部だった。自宅介護はつらく苦しいだけのものではなかった。

 高原さんが母を自宅で看取るために、看取り士資格を取得したのは15年11月。前出の柴田さんの著書を読んだからだ。終末期を迎えた人に延命治療などの余計な“医療”をしなければ、チューブだらけにされることもなく、住み慣れた自宅で家族に見守られて、人は幸せに死ぬことができると教わった。

「看取り士養成講座を受講して、『死は忌み嫌うものではなくて、人生の大切な締めくくりである』という死生観を持てたことも大きかったです。自宅介護でも日常の小さな喜びを見つけて楽しもうと、とても前向きな気持ちになれました」(高原さん)


トップにもどる AERA記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい