ハリソン・フォード、ゴズリングへの顔面パンチにおちゃめな“おわび” (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ハリソン・フォード、ゴズリングへの顔面パンチにおちゃめな“おわび”

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

 公開中の「ブレードランナー2049」に出演するハリソン・フォードがAERAの表紙を飾った。

 180センチの体躯(たいく)に不思議な色気。「わ、本物が歩いてる!!」と思ってしまったくらいスクリーンのまんまだ。

 75歳と引退してもおかしくない年齢だが、ここ数年は話題に事欠かない。操縦していた自家用飛行機が墜落。大ケガを負ってニュースになったし、2年前には32年ぶりの映画「スター・ウォーズ」出演でファンを狂喜させるも、撮影中に足首を骨折。今年は35年ぶりに制作された「ブレードランナー」続編に出演。来年は「インディ・ジョーンズ」続編の制作に入ることも発表されている。

 出演映画41作品の興行収入を合計すると、トム・ハンクスらをゆうに抜いて世界第1位(2016年現在)。だが、俳優としては遅咲きだ。「スター・ウォーズ」でブレークしたときはすでに35歳。それまでは週給150ドルのスタジオ付き俳優で、フリーの大工として稼いでいた。世界中で知らない者はない人気者になったときは40代で、「現場ではほぼいつも最年長だった」という。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい