2075年のアメリカの姿をカナダの元大手新聞記者が描く

2017/11/03 16:00

 近未来にあり得るかもしれないアメリカの姿を描いた小説『アメリカン・ウォー』でデビューした、オマル・エル=アッカドさんは1982年、エジプトの生まれ。かつてはカナダの新聞社に在籍し、アフガン戦争、アラブの春、グアンタナモ収容所などの取材を手掛けた同氏が、AERAインタビューに答えた。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す