市場規模は625億円 過熱する“中国人向け民泊ビジネス”最前線

2017/10/24 07:00

 民泊はもともと欧米人の利用者が多く、日本で5万件超と最大の登録物件数を持つのは米大手のAirbnb(エアビーアンドビー)(以下エアビー)。しかし、このところ中国人や韓国人などの利用者が増えている。日本に渡航する中国人は2016年に約637万人と、外国人旅行者の4分の1を占め、その数は増加傾向だ。これまで多かったツアー旅行が個人旅行にシフトしつつあり、今後の伸びが期待される。

あわせて読みたい

  • 中国民泊最大手が日本市場を“制覇”する日 東京五輪の特需を狙い着々

    中国民泊最大手が日本市場を“制覇”する日 東京五輪の特需を狙い着々

    週刊朝日

    8/3

    新法施行で「民泊やめたってよ」 Airbnbは4万件減 中国系も撤退で不動産売り相次ぐ

    新法施行で「民泊やめたってよ」 Airbnbは4万件減 中国系も撤退で不動産売り相次ぐ

    dot.

    6/15

  • 訪日中国人がビジネスホテルより民泊を選ぶワケは…

    訪日中国人がビジネスホテルより民泊を選ぶワケは…

    AERA

    10/24

    民泊解禁巡り期待と不安 「儲からない」と撤退する個人、意欲燃やす企業

    民泊解禁巡り期待と不安 「儲からない」と撤退する個人、意欲燃やす企業

    週刊朝日

    6/19

  • 東京五輪は民泊で国際交流、「通報」リスクも

    東京五輪は民泊で国際交流、「通報」リスクも

    AERA

    8/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す