国が東電の不作為が招いた悲劇? 津波の安全性よりプルサーマル稼働を優先か

原発

2017/10/12 11:30

 今年7月13日付で原子力規制委員会は、旧原子力安全・保安院が2010年4月30日に指示し、旧原子力安全基盤機構(JNES)により同年11月30日にまとめられた報告書を開示した。それは、国や東京電力が主張する福島第一原発事故が「津波予測不能」を覆す新資料だった。ジャーナリスト・添田孝史氏がレポートする。

あわせて読みたい

  • 津波リスク「計算して大騒ぎするのを避ける」とのメモも 原発事故で国が隠し続けた真実

    津波リスク「計算して大騒ぎするのを避ける」とのメモも 原発事故で国が隠し続けた真実

    AERA

    10/11

    東電・福島第一原発事故 「津波予測不能」を覆す新資料の中身とは?

    東電・福島第一原発事故 「津波予測不能」を覆す新資料の中身とは?

    AERA

    10/11

  • 東電「津波想定」引き下げるため圧力 東北電力のメールで明らかに

    東電「津波想定」引き下げるため圧力 東北電力のメールで明らかに

    AERA

    10/3

    東電の津波対策拒否に新証拠 原発事故の9年前「40分くらい抵抗」

    東電の津波対策拒否に新証拠 原発事故の9年前「40分くらい抵抗」

    AERA

    1/30

  • 大丈夫か原子力規制委 情報公開で「黒塗り」祭り

    大丈夫か原子力規制委 情報公開で「黒塗り」祭り

    AERA

    5/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す