内田樹「ドイツ総選挙に映った旧東独のナチス宥和」

内田樹

2017/10/04 07:00

 ドイツの連邦議会選挙が終わった。メルケル首相の率いる中道右派のキリスト教民主・社会同盟が得票率33%と党勢にかげりが出た。中道左派の社会民主党は20.5%と大きく得票を減らし、それに対して極右の「ドイツのための選択肢」(AfD)が12.6%と得票率を倍増させ、連邦議会に初議席を獲得した。メルケル政権は4期目に入るが、政権運営は難航するだろうというのが大方の見通しである。

あわせて読みたい

  • ともに新興勢力の台頭…メルケルと安倍両首相「試練の秋」どう乗り切る?

    ともに新興勢力の台頭…メルケルと安倍両首相「試練の秋」どう乗り切る?

    AERA

    10/12

    津田大介「虚偽ニュースを犯罪視するドイツの取り組み」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「虚偽ニュースを犯罪視するドイツの取り組み」

    週刊朝日

    1/19

  • 浜矩子「ベルリンの壁倒壊30年 東西の心の壁が生んだ極右躍進」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「ベルリンの壁倒壊30年 東西の心の壁が生んだ極右躍進」

    AERA

    11/14

    歴史も動く? 首相への電話盗聴にドイツ人の怒り止まらず

    歴史も動く? 首相への電話盗聴にドイツ人の怒り止まらず

    AERA

    1/26

  • 津田大介「国外に逃げ場を求めるフェイクニュース」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「国外に逃げ場を求めるフェイクニュース」

    週刊朝日

    10/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す