AERA dot.

竹内智香「苦労や経験は、必ず蓄えになる」

連載「黄金色へのシュプール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

竹内智香(たけうち・ともか)/1983年12月生まれ。スノーボードアルペン種目選手。ソルトレーク、トリノ、バンクーバーと冬季五輪に続けて出場し、2012年12月にはワールドカップで初優勝。ソチ五輪では日本人女性スノーボード選手で初のメダルとなる銀メダルを獲得。5度目の五輪となる平昌では自身の集大成として金メダルを目指す

 ソチ冬季五輪で銀メダルを獲得したスノーボード女子アルペン・竹内智香選手が「AERA」で連載する「黄金色へのシュプール」をお届けします。長野五輪を観て感動し、本格的に競技をスタート。2018年2月の平昌五輪では念願の金メダル獲得を目指す竹内選手の今の様子や思いをお伝えします。

*  *  *
 私、自分でもすごく思うんですが、よく人から「本当にポジティブな性格だね」と言われます。意地を張ったり、虚勢ではなく、後ろ向きな考えはあまり頭に浮かんでこないなと、日々感じながら生きています。

 ソチ五輪での悔しさから来年開催される平昌五輪を目指す話をしましたが、この期間で私にとって大きな出来事が、ケガでした。昨年3月、ドイツであったW杯のレースで転倒し、左膝の前十字靱帯を断裂しました。このケガがどれだけ重傷かは、他の選手の経験からわかっていました。でもケガをした瞬間、不思議と焦らなかったんです。

 この話をすると、いつもみんなに驚かれたり、笑われたりするんですが、私ケガをして思ったんです。「治療やリハビリ中は24時間、ほぼ自分のためだけに時間を使える! 楽しみ!」と(笑)。実は夏のシーズンに入ってから、アメリカに留学する予定でした。向こうで語学を学びながら、地上でのジムトレーニングなども行って。だから偶然にもその期間の予定を何も入れていなかったので、留学は断念しましたが復帰に向けて時間を使うことができました。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加