「子どもの教科書を全部捨てた」「実家まで暴走」私が家族にキレたワケ

2017/09/08 11:30

 「どうしてそこまで怒るの?」「そこまで言わなくてもいいのに」――。このところ、イライラする人や罵詈雑言をはく人を目にする機会が多いとは思いませんか? あそこにもここにもいる「感情決壊」する人々。なぜ私たちはかくも怒りに振りまわれるようになったのか。それにはちゃんと理由がありました。アエラ9月11日号では「炎上人(えんじょうびと)の感情決壊」を大特集。聞き分けのない子どもに、理解のない配偶者に、ゴールが見えない感情があふれかえる。まずは、そんな感情を持つ自分を肯定することから始めてみよう。

あわせて読みたい

  • 「ガミガミ」「ぷんすか」口に出すと怒りが消える魔法の言葉

    「ガミガミ」「ぷんすか」口に出すと怒りが消える魔法の言葉

    AERA

    9/11

    「連休ガミガミ親」を抜け出したい! 怒りの元は実は◯◯

    「連休ガミガミ親」を抜け出したい! 怒りの元は実は◯◯

    AERA

    5/5

  • カンニング竹山「私が『怖いおやじ』を目指すワケ」

    カンニング竹山「私が『怖いおやじ』を目指すワケ」

    AERA

    9/10

    青木さやか「最近怒らないから『キャラ変えた?』って言われるんです」

    青木さやか「最近怒らないから『キャラ変えた?』って言われるんです」

    AERA

    9/12

  • 辻元清美「昔は『自分だけが正義』だった…」 どん底からの転機とは

    辻元清美「昔は『自分だけが正義』だった…」 どん底からの転機とは

    AERA

    9/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す