ぐっちー「働き方革命、まずは終身雇用を廃止しないと」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ぐっちー「働き方革命、まずは終身雇用を廃止しないと」

連載「ここだけの話」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぐっちーAERA#ぐっちー#働き方
ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中。

ぐっちーさん/1960年東京生まれ。モルガン・スタンレーなどを経て、投資会社でM&Aなどを手がける。本連載を加筆・再構成した『ぐっちーさんの政府も日銀も知らない経済復活の条件』が発売中。

 経済専門家のぐっちーさんが「AERA」で連載する「ここだけの話」をお届けします。モルガン・スタンレーなどを経て、現在は投資会社でM&Aなどを手がけるぐっちーさんが、日々の経済ニュースを鋭く分析します。

*  *  *
 働き方改革とかいう妙なキャッチフレーズが出てきて、どうもおかしな方向に話が向かい始めました。

 今や「残業をなくせ」という圧力があちこちから出てきています。一方で、多くの会社員からは「残業代がなくなったら食えない」というような声が上がるようになって、消費支出の減少の原因になりつつあるというのです。なんのこっちゃ、と言いたくなります。議論が完全に迷走しているといっても過言ではありません。

 アメリカの場合は、就業者は二つに分かれており、労働法であるFLSA(公正労働基準法)に準ずる者と、そこから完全にExempt(除外)される「ホワイトカラー・エグゼンプション」という就業者がいます。

 FLSAに準ずる労働者は、最低賃金や残業時間などが厳しく決められており、アメリカで経営している立場から言うと、このルールを破ると会社がなくなりかねないほどの厳しさで罰せられます。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい