世界王者に返り咲いた羽生結弦 「五輪連覇」の戦略 (1/4) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世界王者に返り咲いた羽生結弦 「五輪連覇」の戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
後藤太輔AERA##羽生結弦
世界選手権は、羽生結弦と宇野昌磨のワンツーフィニッシュ。日本男子フィギュアは平昌五輪の出場枠「3」を確保した/4月1日、フィンランド・ヘルシンキで (c)朝日新聞社

世界選手権は、羽生結弦と宇野昌磨のワンツーフィニッシュ。日本男子フィギュアは平昌五輪の出場枠「3」を確保した/4月1日、フィンランド・ヘルシンキで (c)朝日新聞社

 フィンランド・ヘルシンキで開かれた2016-17年シーズンの世界選手権は、羽生結弦の大逆転で幕を閉じた。羽生は世界王者として平昌五輪のリンクに立つことになる。

 羽生結弦(22)は既に、五輪連覇への戦略を練り始めていた。ショートプログラム(SP)5位からの大逆転劇で、3大会ぶり2度目の世界王者となった翌日のことだ。

 来年の平昌五輪、金メダルへのカギは三つある。ジャンプかバランスか。体と心が合うのか。そして、どんな曲を選択するのか──。

 難しいジャンプに価値を見いだしてきた羽生が、世界選手権後、「気になった」として名前を挙げたのは意外な選手だった。米国のジェーソン・ブラウン(22)。SPで4回転ジャンプは跳ばない。フリーで1本だけ入れていた4回転のトーループでは転んだ。それでも、7位に食い込んだ。羽生は、フリーで自身の持つ世界最高得点を塗り替える223.20点をたたき出し、逆転優勝を果たした翌4月2日にこう語った。

「ジェーソン選手が、4回転は失敗したけどすごくいい点を出した。4回転を多く跳んで、いかにきれいに決めるかという風潮になっていたが、新たに考えなきゃいけない大会になったと思っている。自分も武器が何かを振り返って、また来シーズンのプログラムを作りたい。4回転と演技のバランスというものを、すごく考えなきゃいけないと感じました」

 そして、こう続けた。

「最終的にどちらかのプログラムがクリーンじゃないと、圧倒的な点数は出ない。『とにかくオリンピックで金メダルを取りたい』と、今シーズンはずっと思っていました。どんな隙もつくらないスケートを作り上げないといけないな、と感じました」

 フリー直後に、

「アクセル-トーループが終わったとき、5個目(の4回転)をやろうかなと思った」

 と語ったのとは逆の意識だ。

 世界選手権のフリーを、

「スピードはもっと出せたかもしれないですけど、これが自分のジャンプのため、演技のため、このプログラムのすべての完成度のためにできる、一番いいパターンだった」

 と分析した。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい