東浩紀「認知症高齢者の免許停止から感じた“困難な時代”への疲労感」 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東浩紀「認知症高齢者の免許停止から感じた“困難な時代”への疲労感」

連載「eyes 東浩紀」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東浩紀AERA#シニア#東浩紀

わたしたちは認知症を排除するのではなく、むしろ認知症と共存する社会を目指すべきではないのか(※写真はイメージ)

わたしたちは認知症を排除するのではなく、むしろ認知症と共存する社会を目指すべきではないのか(※写真はイメージ)

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

*  *  *
 3月12日、改正道路交通法が施行された。認知症と診断された高齢者について、免許停止が可能になったのである。当然の法改正と思っていたが、事態はそう簡単でもないらしい。

 新法施行の2日後、日本認知症ワーキンググループ(JDWG)が声明を発表した。彼らは改正は認知症への偏見を強化するものだと訴える。認知症は一様ではない。運転できるひともできないひともいる。事故原因を認知症だけに求めるのも短絡的である。そもそも運転は認知症者の生活にとって不可欠であることが多い。わたしたちは認知症を排除するのではなく、むしろ認知症と共存する社会を目指すべきではないのか。

 ぼくはこの報道を見て考えこんでしまった。以上の主張は論理的には正しい。JDWGを支持するある弁護士は、この問題をてんかん者の問題と比較している。現在てんかん者の運転は制限付きで認められている。なぜ認知症者の運転だけ禁じられねばならないのか。弁護士は運転禁止は人権問題だと述べている。実際、運転が奪われたら買い物すらできず、生活の質が著しく下がる高齢者が多数いることは事実だ。慎重な議論が求められる。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい