韓国新大統領は「日韓合意」を反故にする (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

韓国新大統領は「日韓合意」を反故にする

このエントリーをはてなブックマークに追加
東岡徹AERA
文在寅氏(スクリーン内)は1953年生まれの64歳。盧武鉉政権では大統領の側近だった。写真は新政治民主連合(現在の「共に民主党」)の全国代議員大会で代表に選出されたときのもの/2015年2月8日 (c)朝日新聞社

文在寅氏(スクリーン内)は1953年生まれの64歳。盧武鉉政権では大統領の側近だった。写真は新政治民主連合(現在の「共に民主党」)の全国代議員大会で代表に選出されたときのもの/2015年2月8日 (c)朝日新聞社

 ある関係者は朴氏が到着する前、私邸の中をのぞいたという。部屋にはテレビが一つ。家具もぽつんと置かれているだけ。

「私邸はとても寒かった」

 とその人物は言う。

 大統領の職とともに、朴氏が失ったものがもう一つある。「不逮捕特権」だ。一連の事件で朴政権の閣僚や高官、サムスン電子副会長ら計39人が起訴されているが、その中で、収賄など13件で朴氏の「共謀」が認定された。そして、21日午前9時半、朴氏は検察に出頭するよう求められている。司法関係者は言う。
「前代未聞の事件。朴氏の起訴は間違いない」

●日本からのアプローチ

 朴氏に対する罷免宣告は大統領選への号砲でもあった。

 次の大統領は誰か。韓国で誰に聞いても答えは「文在寅(ムンジェイン)」、最大野党「共に民主党」の前代表だ。

 もちろん「ダイナミックコリア」という変数はあるが、世論調査でも文氏の強さは群を抜く。

 罷免直後の3月11~12日に聯合ニュースとテレビ局KBSが共同で実施した世論調査によると、文氏の支持率は29.9%。文氏と同じ「共に民主党」に所属する安熙正(アンヒジョン)忠清南道知事が、10ポイント以上引き離され17%で続く。3位は無所属で与党から擁立の声が上がっていた黄教安(ファンギョアン)首相の9.1%だ。

「共に民主党」は今後、予備選を通じて候補を決めるが、文氏が選ばれる可能性が極めて高い。それを踏まえれば、「1強多弱」だ。

 文大統領になったとしたら、日韓関係はどうなるのか。


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい