将棋教室がブームの兆し 「負けることで心が強くなる」

2017/03/13 11:30

 漫画「3月のライオン」が人気化する一方、将棋は教育の一環としても注目され始めている。集中力や持続力、相手のことを察する力。学校教育の現場で注目されているこうした基礎力が身に着くという。将棋教室に行ってみた。

あわせて読みたい

  • わが子を「藤井聡太」にする3つのアプローチ

    わが子を「藤井聡太」にする3つのアプローチ

    dot.

    6/23

    「負けました」が人を育てる! 羽生善治九段も考える将棋“感想戦”の重要性とは?

    「負けました」が人を育てる! 羽生善治九段も考える将棋“感想戦”の重要性とは?

    AERA

    10/5

  • 藤井聡太ブームで注目の将棋教室 「3手思考」が子どもを成長させる「三つの心」に効く理由

    藤井聡太ブームで注目の将棋教室 「3手思考」が子どもを成長させる「三つの心」に効く理由

    AERA

    4/16

    目指すのは藤井聡太?井山裕太? 将棋と囲碁、わが子にはどちらがいい?

    目指すのは藤井聡太?井山裕太? 将棋と囲碁、わが子にはどちらがいい?

    AERA

    8/21

  • つるの剛士が語る“将棋愛”と負けの美学 「悔しさが心を育て、礼儀につながる」

    つるの剛士が語る“将棋愛”と負けの美学 「悔しさが心を育て、礼儀につながる」

    AERA

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す