最短コースが被害を最大にしていた 防災の最前線から学ぶ

地震

2017/03/11 07:00

 東日本大震災、そして福島第一原発の事故から6年。熊本地震からも、まもなく1年がたとうとしている。いずれの地でも復興は道半ばで、いまも多くの人々が不自由な暮らしを強いられている。しかしその現実の一方で、「風化」は確実に進んでいる。4大都市圏のハザードマップと不動産の値動きを重ねあわせると、「人気の街」の災害危険度がはっきりとあぶり出された。帰宅困難者対策には「東高西低」の傾向が見て取れた。AERA3月13日号は、6年後のいまだからわかったことも含め、「震災時代」を生きるために知っておくべきことを特集。

あわせて読みたい

  • 5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

    5分で逃げれば助かる 津波避難のための教訓

    AERA

    3/11

    3.11から10年 災害から得た教訓を未来につなぐ

    3.11から10年 災害から得た教訓を未来につなぐ

    tenki.jp

    3/11

  • 東京五輪の新競技場 地震で液状化、津波の懸念も

    東京五輪の新競技場 地震で液状化、津波の懸念も

    AERA

    11/7

    「地下鉄水没」の現実味 豪雨が首都圏を襲っていたら…

    「地下鉄水没」の現実味 豪雨が首都圏を襲っていたら…

    週刊朝日

    9/23

  • 「稲むらの火」をご存じですか?11月5日は、津波防災の日!

    「稲むらの火」をご存じですか?11月5日は、津波防災の日!

    tenki.jp

    11/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す