AAA 7人ではラスト!“これまで”と“これから”を聞いた (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AAA 7人ではラスト!“これまで”と“これから”を聞いた

このエントリーをはてなブックマークに追加
柳堀栄子AERA

 AAAは、「Attack All Around」の頭文字。男女7人のグループだ。昨年末、初の単独ドームツアーで18万人を動員しさらなる高みを目指すが、メンバーの一人、伊藤千晃が3月で卒業する。AERA 3月6日号の表紙に登場した7人に、これまでとこれからについて聞いた。

*  *  *
 ひとつずつ積み上げていくことで、グループの知名度を着実に上げてきた。自分たちを高めるだけでなく、時代の変化に柔軟に対応することが大事だという。

 全員がソロでもいける歌唱力を持ち、ダンサーとしても本格派。強みは、

「女性を男性がリードする振り付けや恋人のような歌い方など、いろいろな表現ができることです」(末吉)

 オーディションで選ばれたメンバーは全員が無名。ライブハウスまわりやストリートライブで知名度を上げていった。

「最初のころはひたすらライブをしてたよね。雪まつりの会場で転びながらアクロバットなダンスをしたり」(宇野)

 リーダーの浦田が「初めて手ごたえを感じた」のは2010年。小室哲哉プロデュースの「逢いたい理由」で紅白に出場したときだ。16年11月には待望のドーム公演も実現。18万人を動員した。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい