レバノンで暮らすシリア難民の子どもたち 25万人が学ぶ機会を奪われた

2017/02/02 16:00

 冬には雪も降るレバノン東部のベカー高原。青や白のビニールシートにくるまれた小屋が固まって立つ区画が、農地の間に点在する。今春で内戦が始まって丸6年になる隣国シリアから、逃れてきた人たちが暮らす難民キャンプである。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す