長い「老後」で死の意味あいまいに 「宗教は無意味になった」宗教学者・島田裕巳

2017/01/12 16:00

 2016年の新語・流行語大賞は「神ってる」。“聖地巡礼”“パワースポット”がにぎわいを見せ、神様が身近にあふれる。3・11から6年、一人ひとりがそれぞれの形で宗教と向き合う時代。日本の宗教にいま、何が起きているのか。AERA 1月16日号では「宗教と日本人」を大特集。現代の宗教最前線を、宗教学者の島田裕巳さんに聞いた。

あわせて読みたい

  • 「現代こそ死者との絆は強い」宗教学者が語る日本人の死生観

    「現代こそ死者との絆は強い」宗教学者が語る日本人の死生観

    AERA

    8/20

    人は「喪失」とどうつきあってきたのか? JR福知山線事故、震災…現場の声から読み解く現在

    人は「喪失」とどうつきあってきたのか? JR福知山線事故、震災…現場の声から読み解く現在

    dot.

    4/13

  • 恐山に“死者”を求めて 院代の南直哉さんに聞く

    恐山に“死者”を求めて 院代の南直哉さんに聞く

    AERA

    8/4

    二十四節気「春分」。お彼岸の中日を迎えました。いよいよ春本番!

    二十四節気「春分」。お彼岸の中日を迎えました。いよいよ春本番!

    tenki.jp

    3/20

  • 始まっています、お彼岸の期間!パーラミターをやってみませんか?

    始まっています、お彼岸の期間!パーラミターをやってみませんか?

    tenki.jp

    9/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す