小島慶子「目覚めよ団塊ジュニア! 永遠の昭和を終わらせよう!」 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小島慶子「目覚めよ団塊ジュニア! 永遠の昭和を終わらせよう!」

連載「幸複のススメ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島慶子AERA#小島慶子
小島慶子(こじま・けいこ)/タレント、エッセイスト。1972年生まれ。家族のいるオーストラリアと日本との往復の日々。オーストラリア行きを決断した顛末を語った新刊『これからの家族の話をしよう~わたしの場合』(海竜社)が発売中

小島慶子(こじま・けいこ)/タレント、エッセイスト。1972年生まれ。家族のいるオーストラリアと日本との往復の日々。オーストラリア行きを決断した顛末を語った新刊『これからの家族の話をしよう~わたしの場合』(海竜社)が発売中

 でも、どんな人にも親はいます。介護の問題からは、誰も逃げられません。今と同じ働き方で、10年後、あなたは親の介護をどうするつもり? いえ、それは明日かも。

 2025年は、人口が減っていく中で団塊の世代が後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上となる時代が到来します。少ない働き手で高齢社会をどう支えるかという大問題が現実化するのです。

「多様な働き方の実現、ワーク・ライフ・バランスの重視」とは、子育て家庭だけの問題ではなく、2025年問題を見据えた急務。今のままでも困らないと思っているあなたも介護と仕事を両立させ、高齢になっても働き続けなくてはなりません。働き方改革は他人事ではないのです。

 働き盛りで人口の多い団塊ジュニア世代が声を上げないと、数年後に確実に自分の首を絞めることになります。変革のリミットはまさに、今。永遠の昭和を終わらせる、最後のチャンスです。

AERA 2017年1月16日号


トップにもどる AERA記事一覧

小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/エッセイスト。1972年生まれ。東京大学大学院情報学環客員研究員。近著に『幸せな結婚』(新潮社)。『仕事と子育てが大変すぎてリアルに泣いているママたちへ!』(日経BP社)が発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい