現役宮司が日本会議を批判 全体主義のこわさに警戒を

2017/01/12 07:00

 2016年の新語・流行語大賞は「神ってる」。“聖地巡礼”“パワースポット”がにぎわいを見せ、神様が身近にあふれる。3・11から6年、一人ひとりがそれぞれの形で宗教と向き合う時代。日本の宗教にいま、何が起きているのか。AERA 1月16日号では「宗教と日本人」を大特集。清洲山王宮日吉神社宮司の三輪隆裕氏に、伝統ある神社界が生む全体主義の怖さについて語っていただいた。

あわせて読みたい

  • 憲法改正・天皇退位で揺れる神社界 宮司たちが明かす胸の内

    憲法改正・天皇退位で揺れる神社界 宮司たちが明かす胸の内

    AERA

    1/15

    富岡八幡宮でも起きていた 神社本庁との間にトラブル続発の原因は?

    富岡八幡宮でも起きていた 神社本庁との間にトラブル続発の原因は?

    AERA

    1/10

  • 神主は食べていけない 末端神主たちの神社本庁への嘆き

    神主は食べていけない 末端神主たちの神社本庁への嘆き

    AERA

    1/14

    “宮司”を目指す女子大生たち その動機は…

    “宮司”を目指す女子大生たち その動機は…

    AERA

    1/12

  • 目指すは国民主権否定の改憲 日本会議の「危ない」正体

    目指すは国民主権否定の改憲 日本会議の「危ない」正体

    AERA

    7/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す