「君の名は。」メガヒットを支えた決断 上映館数23が最高だった新海誠作品を「300館」で公開

2017/01/01 16:00

新海誠監督作品過去の興行収入(AERA2017年1月2-9日合併号より)
新海誠監督作品過去の興行収入(AERA2017年1月2-9日合併号より)

 右肩上がりの時代なんてもう来ない、という話をよく聞く。本当にそうなのだろうか? 実は身近に、30年にも及ぶ「どん底」から抜け出して絶好調を迎えている業界がある。日本映画だ。2016年の日本映画界は、「君の名は。」「シン・ゴジラ」を筆頭にメガヒットが次々に生まれた。「なぜか」を取材してたどり着いたのは、小さな決断を積み重ねた末の5つの大きな決断。「AERA 2017年1月2日・9日合併号」では、その決断の一つ一つがどうなされたのかを徹底取材。ロケツーリズムや監督と俳優の人脈図など、「日本映画」を大特集している。その中から、「君の名は。」ヒットの裏を紹介する。

*  *  *
 公開中の映画「君の名は。」の勢いが止まらない。2016年8月公開。知る人ぞ知る存在だった新海誠(43)が監督し、東宝が制作・配給した。興行収入(興収)は200億円を超え、邦画ではスタジオジブリ「ハウルの動く城」を抜いて歴代2位。中国でも記録的ヒットとなった。

 新海が短編アニメーション作品「ほしのこえ」でデビューしたのは14年前。作画から声までほぼ一人で完成させた作品だった。その後、一定のペースで作品を送り出し国内外のファンがついたが、新海の所属事務所であるコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)が製作し東宝が配給して、新海史上最高の動員数を記録した13年公開の「言の葉の庭」の上映館数は23。興収は1.5億円。ヒットの目安とされる10億円は遠かった。

 それが、「君の名は。」では200億円超。大きすぎる飛躍をもたらした最大の決断は、15年12月、東京・有楽町にある東宝本社の試写室でなされた。

1 2 3 4

あわせて読みたい

  • 「君の名は。」の川村元気さん「皆が感じているのに言葉にしていないことにこだわる」

    「君の名は。」の川村元気さん「皆が感じているのに言葉にしていないことにこだわる」

    AERA

    12/27

    映画は「街おこし」に必須のツール 何もない中都市が「イケメンの街」になるまで

    映画は「街おこし」に必須のツール 何もない中都市が「イケメンの街」になるまで

    AERA

    12/29

  • 「君の名は。」が中国全土で公開 巨大市場を取り込めるか

    「君の名は。」が中国全土で公開 巨大市場を取り込めるか

    週刊朝日

    12/7

    監督が儲からない、日本の映画業界への不安

    監督が儲からない、日本の映画業界への不安

    AERA

    12/26

  • 「この世界の片隅に」の真木太郎さん「監督のロマン実現へ黒衣に徹する」

    「この世界の片隅に」の真木太郎さん「監督のロマン実現へ黒衣に徹する」

    AERA

    12/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す