羽生結弦のグランプリファイナル「どんな状況でも勝ちたい」

フィギュアスケート

2016/12/09 07:00

 11月末に札幌で行われたNHK杯で301.47と今季の男子最高点をたたき出した羽生結弦(21)。9~10月のオータム・クラシック、10月のスケートカナダはいずれも260点台に終わっていた。その間に何があったのか、をスポーツライターの野口美恵氏が『アエラ 12月12日号』に書いている。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す