ハンディがあっても走れる! 視覚障がい者と伴走者の研修会

2016/10/13 16:00

 2016年リオ・パラリンピックでは日本人マラソン選手が躍進した。その背景には、日本盲人マラソン協会による地道な活動があった。視覚障がい者と伴走者の研修会を取材した。

あわせて読みたい

  • リオパラマラソン(視覚障害)銀の道下選手に直撃インタビュー「4年後の東京も目指す」

    リオパラマラソン(視覚障害)銀の道下選手に直撃インタビュー「4年後の東京も目指す」

    AERA

    10/14

    視覚障害マラソンの道下美里は超高速ピッチ走法が武器「結果は必ずついてくる」 伴走者の思いも原動力

    視覚障害マラソンの道下美里は超高速ピッチ走法が武器「結果は必ずついてくる」 伴走者の思いも原動力

    AERA

    9/5

  • リオパラマラソン(視覚障害)銅の岡村選手、46歳で目標を達成した練習方法

    リオパラマラソン(視覚障害)銅の岡村選手、46歳で目標を達成した練習方法

    AERA

    10/15

    陸上の全盲ランナー・和田伸也 40歳を超えても記録を伸ばすワケ

    陸上の全盲ランナー・和田伸也 40歳を超えても記録を伸ばすワケ

    AERA

    8/30

  • リオデジャネイロ・パラリンピック 公式22競技をすべて解説!

    リオデジャネイロ・パラリンピック 公式22競技をすべて解説!

    AERA

    9/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す