客観的基準のないうつ診断、精度を上げる血液検査とは

病気

2016/06/19 07:00

 うつ治療に正誤の絶対的基準はない。診察は医師の主観に影響される部分もあり、正しい診断に行き着くまで数年かかることも。診断誤差や再発を減らす最新治療とは。

あわせて読みたい

  • うつ抜けには焦らずじっくりが近道! 医師提唱の思考法「田んぼ理論」とは?

    うつ抜けには焦らずじっくりが近道! 医師提唱の思考法「田んぼ理論」とは?

    AERA

    10/10

    チャットで診察、ネットで決済、薬は宅配便で…うつの遠隔診療最前線

    チャットで診察、ネットで決済、薬は宅配便で…うつの遠隔診療最前線

    AERA

    6/17

  • ペットも心の病に、つかず離れず適度な距離を

    ペットも心の病に、つかず離れず適度な距離を

    AERA

    6/18

    うつの処方の薬が多すぎると感じたら、代替案を提案できるセカンドオピニオンへ

    うつの処方の薬が多すぎると感じたら、代替案を提案できるセカンドオピニオンへ

    AERA

    6/18

  • 5年間で9割近くが再発、絶好調で自覚ない双極性障害の正しい治療法

    5年間で9割近くが再発、絶好調で自覚ない双極性障害の正しい治療法

    AERA

    6/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す